利用したレシートの保管義務はあるのだろうか???答えについて冒頭に書くと保存することは特にないというのが答えです。所持することによって自らが利用した証拠を持っていたいと考える場合残せばよいだろうし、もしそんな証跡は無くても問題ないと思うのであれば残しておく必要性はないでしょう。だが送付されてくる利用明細書との照らし合わせ作業をする時には必ずこれらの利用レシートは必要です。明細レシートをその時点まで最低限所持していないとなると、どこでいつ頃どれだけの金額を使用したかという内容が明確でなくなってしまうだけではなく、間違えの他二重請求の照らし合わせもすることができなくなってしまうからリスキーです。クレジットカードを使用した履歴は明細レシートを保管していない限りは覚えておくことはできないはずです。できれば使用履歴が送付される1ヶ月・2ヶ月程度の期間はなくさずに保存するようにしたいものである。カードの明細レシート処分方法>カードのレシート処分の方法はすごくシンプル。他の人に不正使用されないよう、できるだけバラバラにちぎって廃棄するだけで問題ない。自宅用シュレッダーなどが自宅にある際には用心のために使うほうが良いでしょう。クレジットカードの利用内容を証する利用レシートであるのだから、クレジットカードNo等、個人の情報について知られてしまうものがとても多く書いてある。普通のレシートと軽視せず慎重に実施して欲しいです。近頃は悪用防止の意味でレシートにクレジット番号等の機密情報が表示されない場合も出始めているが、油断は禁物であると思います。