ローン系カードというのが存在するのですが、クレジット系カードとはどのように相違しているのですか。持っているVISA等のクレジット系カードにも借入能力が付いております。いきなり手持ちが要する瞬間にはたっぷり助かっていたりします。ローンカードを発行する事でどういったことが変わるのか教えてくれませんか。そうしましたらご質問にお答えしてみたいと思います。まずはキャッシングカードとかローンカードなどという多くの呼び名が存在するのですがどれもローン専用のカードであって、ビザ等のクレジット系カードというようなものとは相違することです。JCB等のクレジット系カードにもローン能力といったようなものが付けられてるものがあったりしますので、必要性はなさそうに思いますけれども利率であったり上限というのがMASTER等のクレジット系カードなどとは明確に異なっています。マスター等のクレジット系カードなどの場合は借入に関しての利用限度が低水準にしているものが普通なのですけれどもローン系カードの場合ですともっと高額にされているケースといったものがあります。なおかつ利息というのが低めに設定してあるのも利点です。VISA等のクレジット系カードの場合だとキャッシングサービス金利が高いケースが普通なのですがキャッシング系カードの場合だとすこぶる低水準に設定してあったりします。なお総量規制と言ったもので誰もが申込できるわけじゃありません。年間収入の3割までしかカード作成できないですのでそれだけの所得というのが存在しなければいけません。それだけ一年間の収入の方がカードキャッシングというようなものを使うかはわからないのですが、マスター等のクレジット系カードの場合ですとこれほどの上限額というのは準備されていないです。別のことばで言えばローンカードといったものは、より低金利で、高額のキャッシングといったようなものが可能なカードなのです。フリーローンの利用頻度が多い方には、クレジットカードとは別に持った方が良いカードという事になるのです。