レシートの保存する必要はないのだろうか??結果を記載するとキープすることは特別ありません。個々人で保有していることにより個人が決済した履歴をとっておきたいという場合であれば持っていればよいのだろうし、反対に言うとそんなものは無くても問題ないということであれば保存する必要性はない。但し来る使用履歴との照らし合わせ作業をする時においては例外なくレシートが不可欠です。レシートをその時までは最低限保管しておかないと、どこでいついくら使用したのかということが確かでなくなってしまうだけではなく、誤植の他ダブった請求があるかの照合作業さえもすることができないから危険なのです。特にクレジットを利用した金額については明細レシートを保管していないと覚えていないはずです。少なくとも明細書類が送付されてくる1ヶ月もしくは2ヶ月までは厳重に明細を所持して頂きたい。カードの明細レシート廃棄の手段→クレジットカードの明細レシート破棄手段はとにかく簡単なのです。見ず知らずの人に不正な利用をされないよう細かく裁断して破棄するだけで良いのである。市販の機械が使える場合には使っても良いだろう。なんと言ってもクレカの利用内容を残している明細レシートであるのだからNo等、個人情報の内容を特定できる情報がふんだんに詰まっているのです。普通の利用レシートと油断せず破棄は慎重に行なったほうがよいでしょう。一方、今は悪用防止のために明細レシートにカードナンバー等の個人を特定する情報が表示されない場合もあるが、信じ過ぎることは禁物と考えます。